最新  
院長プロフィール 院内フォトツアー 医院案内・アクセス 健康になるための矯正 最先端の除菌治療 −1歳からの予防 当院のこだわり
健康になるための矯正

むし歯と歯周病
  むし歯を防ごう
  こんなに怖い歯周病

歯科治療の基礎知識
  前歯の治療
  つめものによる治療
  かぶせものによる治療
  入れ歯による治療

健康になるための矯正とは?
  歯並びが悪いと、見た目の印象が悪いだけでななく、虫歯や歯周病のリスクがぐーんとあがり、肩こりや頭痛などの不定愁訴の原因にもなります。矯正 した方がいいことはわかっていても、ちまたには 歯科医院 が溢れ、どこで行ったらいいのか悩んでしまって、悩むうちに、やらない理由を自分であげて、始めるタイミングを逃していませんか?矯正は、早いうち 特に上顎の発育が終わってしまう7-8歳位に始めるのが良いと考えます。全て、永久歯にはえ変ってからでは、健康な歯並びはつくりにくいからです。

 


  理由は

  1.
不正咬合の大きな原因の一つである“上顎の発育不良”を防げるのは、上顎の成長の終わる7-8歳の早い時期だけだからです。

 


  2. 乳歯のあるうちであれば、乳歯のはえかわりをコントロールをしながら、無理なく(痛くなく)、ゆっくりと成長を利用しながら、歯並びを整えられるからです。

 


  3. 多くの矯正歯科をうたう所は、いかに短期間で“見た目”をきれいにするかを、重視していますが、一般歯科もやっていて、矯正治療終了後の予後を長い間 みてきて思ったことは、見た目ではなく、臼歯部(後ろ側)の仕上がり具合や下の歯の正面からの見える量など、素人さんのわからない所の並び具合が一番大切で、将来にわたり、健康な口の中を維持できるポイントだと実感したためです。

  当クリニックでは、いかに “健康な歯並び”を手にいれ、一生笑顔でいられるかを重視しています。


矯正を始める際のクリニックの選び方
  1.
矯正も一般も治療したら、それで終わりでなく、メンテナンスが一番重要になるので、無理なく通える所が一番です。(自由診療のみ、青山などの所に通うのは愚の骨頂です)

  2. 抜いていい歯など口の中には存在しません。抜かないで治療出来るところがおすすめです(その為には、できるだけ永久歯がはえたら、相談にいってください)。

  3. あまり、専門医だとか認定医はこだわらなくても大丈夫です。大学に残っているだけ(学生の指導などや雑用など多い)で、資格はついてくるので、臨床の腕の良しあしとは別物です。

  4. 実際のやった症例や臨床経験年数が重要です。経歴聞いて、終了した症例をみせてもらいましょう。


健康な歯並びのつくり方
 

7-8歳位で矯正精密検査(]線・型取り・口腔内写真などの資料取り)



 

コンサル受けて、治療開始

上の歯並びに関して(現在多い症例の治療例)

この装置を用い、
@上顎の成長を利用しながら無理なく、V字⇒U字に歯が並ぶ基礎の土台づくり




 

A酸素不足にならないように、口腔内容積を大きくしておく


 

B歯並びのキーツースである6歳臼歯が前方にずれていくのを予防しながら、いい位置に並べていく


 

C永久歯の萌出スペースを確保するなど 一石三鳥以上の素晴らしい装置。いれておくだけなのも簡単でよい。


 

下の歯並びに関して(現在多い症例の治療例)

乳歯があるうちなら、この装置のみでOK
この装置をいれ、調節していくと、

@中の理想の形態の針金に沿ってゆっくり広がる(永久歯萌出スペースの確保)



 

A酸素不足にならなうように、口腔内容積を大きくしておく


 

B歯並びのキーツースである6歳臼歯が前方にずれていくのを防止しながら、ゆっくりいい位置に並べていく

何より見た目に入っているかわからない装置で、痛くないので、お子様に受け入れてもらいやすいのです。又、当クリニックの場合、治療中は毎回無料で(矯正処置料に含む)クリーニングしていますので、虫歯を心配するご両親も安心して矯正治療が受けられます。予防のご提案もできますし、万が一できてしまってもごく小さなむし歯なので、治療もその場で簡単にすみます。






自分でもチェックできる健康な歯並びとは?
  1.
鏡で正面からみて、下の歯がほとんどみえること

  2. 上の歯の真ん中と下の歯の真ん中があっていること

  3. ガタガタがないこと

  4. 鏡で横からみて、歯と歯の凸と凹がきれいにかみあっていること

 

などです。


トップへ戻る

Copyright (C) 2012 ピュアデンタルクリニック All Rights Reserved
トップページへ 診療時間・アクセス 診療時間・アクセス